わたしのおせち歴史

こんにちは、ここ数年おせちのお取り寄せにはまっている管理人です。

わたしのおせち遍歴をメモしておきます。

こども時代のおせち

母が作った煮しめと、黒豆・田作り・卵焼きがおせちだと思っていた。

母が大量に煮しめを作るので、正月三ヶ日の終わり頃には、もう煮しめを見るのがいやになっていた。

でも、あるので、とにかく食べた。

結婚してからのおせち

自分で煮しめを作ってみたが、母のほど美味しくない。

そのあんまり美味しくないおせちを、無理矢理延々と正月食べるのは我慢大会的だった。

その後、母が大量に作った煮しめをくれたので、毎年もらっていた。今はもらってない。

夫実家からは、筑前炊きと数の子を毎年もらっている。

夫の要望で、海老の煮付けだけは毎年作っている。

おせちのお取り寄せにはまってから

最初は、夫の会社でおせちを買ってくれ、的なことがあって、おせちを買ったら、すごくお正月がラクチンで、なおかつわたしが作ったものより、全然美味しい。

これで、おせちのお取り寄せにはまった。

以降、毎年、おせちをお取り寄せするのが楽しみになる。

比較的値段中心・カタログ通販で選んだ時期

最初のうちは、カタログ通販でいつも買ってるところで買えるおせちとか、安いとか、そういう基準で選んだ。

2007年正月 しょうざんのおせち「湧泉閣」、Dmall.jpでお取り寄せ
2008年正月 わた奈べの新春本格おせち、ベルーナでお取り寄せ
2009年正月 オイシックスのおせち「松竹梅」
2009年正月 大丸ホームショッピングオリジナル和洋中おせち、コンテストの賞品
2010年正月 日本料理「かんだ」神田裕行氏監修、瑞春の響おせち、イオンでお取り寄せ
2011年正月 東京正直屋のおせち、ウェルネスでお取り寄せ

老舗・名店のおせちをお取り寄せ!

おせちサイトを運営しているうちに、どんどん老舗料亭や名店情報に詳しくなり、名店のおせち食べてみたい!と思うが、配送対象区域でないので、ゲットできず。

しかし、2011年に転機が訪れる。

岡山高島屋が、名店・老舗の生おせち販売を開始し、晴れて、名店おせちお取り寄せデビューを達成する。

2012年正月 美濃吉のおせち、高島屋でお取り寄せ
2012年正月 わらびの里のおせち、高島屋でお取り寄せ

ひとびとは、名店おせちの味に驚愕した・・・

2013年のおせち

今年は、下鴨茶寮か、たん熊北店のおせち狙いますよ!

※ 商品やセットの値段や内容・送料については、記事執筆当時あるいは更新当時の内容です。変更になっている場合もありますので、ご利用の際は必ず各自でご確認ください。

おせちコラム
takaranyaをフォローする
高級おせち通販ガイド2020
タイトルとURLをコピーしました